FILE001

H様 20代会社員 ティップネス梅田

conditioning_img_01.png

<モニター参加のきっかけ>

普段あまり動かない仕事なので、改めてジム通いを本格的にがんばりたいと思い参加しました。
また、食べると太る体質なので、日常の食事までサポートしてもらえるこの企画で、日常生活も改善して歳をとってもキレイな人になりたいと思っています!
と語ってくださったやわらかな印象のHさん。お腹周りの引き締めを目標に、日々のコンディショニング目標は「寝起きのよさ」でスタートです!
conditioning_img_02.png

<1ヶ月中間チェック>

ウエストの周りが気になっていましたが、ウエストラインが出てきてうれしいです!むくみ解消も実感できています。
疲れを感じる日は湯船につかることが習慣化できたり、朝や出勤中は白湯を飲んだり、職場のお菓子のつまむ量が少なくなるなど、運動以外の食事や回復することに意識が出来てきたのが変化としては一番大きいです!

<取り組み中の食事>

conditioning_img_03.png
Hさんが毎日あげてくださった中の食事の一部。積極的にたんぱく質を摂取しようという意識も見られますね!
おいしいごちそうの日もあったようですが・・・芽ねぎと赤身や貝などの低脂肪なもののチョイスに意識が見られます!
管理栄養士からのフィードバックの一部を見てみましょう!

【食事の配分】

  • 土日の起床時間が平日より遅く、それに伴って食事時間も平日とずれています。
    実はこの「ずれ」が、大きいほど太りやすい体を作る要因に。お休みの日もできるだけ平日と「ずれ」の少ない食事時間や配分を心がけるといいですよ。土日の朝寝坊は、平日との差は1時間程度が理想です。お休み前日の就寝時間もちょっと見直してみるといいですね。そして起床後1時間以内に朝食を食べ終えましょう。
  • 「お腹が鳴るほど減っている 今すぐ食べたい」の状況が度々あるようです。空腹感が強い状態で食事をとると、急激に血糖値が上昇し脂肪が蓄積しやすくなります。適度な空腹感で食事をとれるよう、次の食事までの時間や活動量を考えて食事量を増やしたりしてみましょう。
    例)夕食で空腹感が強い→昼食を増やす 豆乳を1本飲む、ごはんの量を増やす、16時前後に補食(おにぎりやエネルギーバーなど)をとる
  • 夜は特に脂質の代謝が落ちるので、以下のポイントに気をつけてみてくださいね。(この週は年末だったこともあり、たまたま宴会料理が続いているのでしょうか?)挽肉は赤身をつかったものを、焼き鳥だったらささみや胸肉、海鮮の串料理を。天ぷらやヒレカツ、串カツなどの天ぷら、マヨネーズなどを使った料理は時間を見て、21時過ぎのオーダーなら控え、脂質の少ないものに。

<2ヶ月を終えて・・・>

ついに最終日!気になる結果は・・・
☆カラダの数値変化☆
体脂肪量 -1.1kg
筋肉量 +0.5kg
体脂肪率 -1.9%
ウエストラインの見た目がスッキリ!むくみも解消できました!カラダや日常生活が整ったことでリラックスして眠れるようになってよかったです。2ヶ月の間のメニューは無理なく実践できる内容が多く、カラダの変化を感じることができました。特に、アプリの食事メニューはとても参考になりました。お菓子などの間食も、何かを止めるというアドバイスではなく、他のものに変えるといった提案たのも無理なく実践できた要因だと思います。
年末年始のお忙しい中でも、着実に取り組んでくださったHさん。無理のないコンディショニングの実践が成果につながってとてもうれしいです!これからも素敵なコンディショニングライフをお過ごしください!
スタッフとポーズ02.png
  • コンディショニングやってみた!TOP
  • リアルユーザーが語る「私のコンディショニング」